令和6年 横浜インドセンター新春講演会・交流会

 今後、大きな経済成長が期待されているインド。その原動力を支えるのは、多くの若者ですが、とりわけ高度で専門的なITスキルを有するインド高度人材に世界の注目が集まっています。

 そこで新春講演会では、Tech Japan 株式会社CEOの西山直隆氏をお招きし、「日本とインド高度人材の連携に向けて」と題してご講演いただきます。西山氏はダイヤモンドやプレジデントなどメディアでも多数紹介され、著書「こころのウェルビーイングのためにいますぐ、できること」 は2022年12月に発行され、高い評価を得ています。

 講演では、どのようにインド高度人材を採用すればよりうまくいくのか、日本企業とインド高度人材が一緒に成長できる機会を創出するための施策や事例についてお話しいただきます。

 講演会後には、インドビジネスにゆかりのある方々との交流の場となる新春交流会を開催いたします。併せて会場の一角に無料相談会のコーナーを併設いたします。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

第1部 新春講演会 

日  時: 令和6年2月28日(水)14:00~14:50(開場13:30) 

会  場: 横浜情報文化センター6階「情文ホール」
      横浜市中区日本大通11番地 

交  通: みなとみらい線「日本大通り駅」3番情文センター口 直結/JR「関内駅」南口 徒歩10分

テ ー マ: 「日本企業とインド高度人材の連携に向けて」

内  容: 1. なぜ今インド高度人材なのか
      2. インド工科大学をはじめとするトップ大学からの採用
      3. 日本企業で活躍するインド高度人材の実態調査~連携成功事例

言  語: 日本語 

講師紹介: 

◆西山 直隆(にしやま なおたか) 氏
Tech Japan 株式会社 CEO
前職デロイトトーマツグループでアジア地域統括としてインド事業を立ち上げ、多くの日印ビジネス連携を創出。2019年にTech Japanを創業。インド最高峰の理系教育機関であるインド工科大学等と独自に提携し、学内で活用されている唯一のインターンシップ、リクルーティング・プラットフォームを開発・運営。元米国公認会計士。

第2部 新春交流会

インドビジネスにゆかりのある方々との交流の場として新春交流会を開催します。また、インドビジネスのエキスパートである横浜インドセンター相談員や会員企業が、インドビジネスに関する各種相談に応じるコーナーを開設します。どうぞお役立てください。
※ビジネス相談ご希望の方は事前のお申込みが必要です

日  時: 令和6年2月28日(水)15:00~16:20 

会  場: 横浜情報文化センター6階「情文ホール」ロビー
※当該会場はアルコール、食事等が禁止されいていますので、ロビーに限定して飲料(ペットボトル入りドリンク)をご用意させていただきます。

インドビジネスエキスパートがビジネスに関するあらゆるお悩みに応えます。

相談料:無料(事前予約)
相談員:横浜インドセンター相談員
ゲスト相談員:磯貝富夫氏、渡辺千晶氏

※お申込みフォームからお申し込みください

【第1部・第2部およびビジネス相談会】

参 加 費:  横浜インドセンター会員  無 料
              非会員 2,000円  無 料
   ※横浜インドセンター支援者のご厚意により全員無料になりました!      

定  員: 先着100名 
      (受講票はありません。定員を超えた場合のみご連絡します) 

主  催: 一般社団法人横浜インドセンター

後援(予定): 神奈川県、横浜市経済局、JETRO横浜、(公財)神奈川産業振興センター、(公財)横浜企業経営支援財団営支援財団、 横浜商工会議所、(公社)横浜貿易協会

お申込み方法: 以下のお申し込みフォームよりお申し込みください

申込締切: 2月26日(月)
      ※定員を超える場合は早期に受付を終了することがあります
      ※インドビジネス相談会は事前予約が必要です
      ※申込者多数の場合は、お断りする場合があります

お問合せ先: 横浜インドセンター事務局
       E-Mail:yic@yokohama-india.org

お申込みフォーム

「送信」ボタンを押した後、「Processing」が表示されて画面が切り替わらない場合は、サーバー側で受信制限がかかっているためお申込みが完了していません。お申し込み完了のメールが届かない場合は、お手数ですが横浜インドセンター事務局(yic@yokohama-india.org)宛メールでお申込みください。

メールでのお申込みは以下項目をご連絡ください】
ご希望の参加方法(新春講演会のみ/新春講演会および交流会)、インドビジネス相談希望の有無、法人名、所属部署・役職、お名前、E-mailアドレス、ご住所、業種、インド進出状況、イベントを知ったきっかけ

以上